コンビニ人間

第155回芥川賞受賞作、「コンビニ人間」読みました。

36歳未婚女性、古倉恵子。
大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。
これまで彼氏なし。
オープン当初からスマイルマート日色駅前店で働き続け、
変わりゆくメンバーを見送りながら、店長は8人目だ。
日々食べるのはコンビニ食、夢の中でもコンビニのレジを打ち、
清潔なコンビニの風景と「いらっしゃいませ!」の掛け声が、
毎日の安らかな眠りをもたらしてくれる。
仕事も家庭もある同窓生たちからどんなに不思議がられても、
完璧なマニュアルの存在するコンビニこそが、
私を世界の正常な「部品」にしてくれる――。

ある日、婚活目的の新入り男性、白羽がやってきて、
そんなコンビニ的生き方は
「恥ずかしくないのか」とつきつけられるが……。

現代の実存を問い、
正常と異常の境目がゆらぐ衝撃のリアリズム小説。

読み始めてすぐ「ああ…」と思ってしまいました。
生きづらい人、に共感してしまう。
この主人公は、社会とのズレに困ってはいても苦しんではいないのだけど。

生きづらい、と感じている人なんて実はゴロゴロいるんでしょうけど
周囲を見回して「ああ、みんなちゃんと普通だなあ」と感じたり
「私、今ちゃんと普通の人に見えてるのかな…」と気にしたり
「普通」というものに怯える生活をずっと送ってきた気がします。

でも「普通」って何だろう?っていうのも
考えてきた事ではあります。

作者のクールな視点が、「普通の人生」「普通の幸福」という
価値観の理不尽さを的確に捉えていて爽快感すら感じました。

一般的な価値観に迎合して生きる事で見失うものがあるなら
誰に嗤われても自分だけの生き方に戻った方がいい。
とはいえ、そんなに強くは生きられないから
「生きづらい」んですけどね…( ノД`)



ランキングに参加してみました。
応援ポチして下さると更新の励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする