風雨に負けない折りたたみ傘Knirps

雨が続きます。
たまに降る土砂降りは心が静かになるので割と好きなんですが
災害が起こるほど降ってしまうと、もう本当やめてと祈る気分です。
被害があった地域の方々の生活ができるだけ早く通常に戻る事を
願っています。

今年は傘を買おう、と思いました。

私が持っている傘は10年くらい前に買ったもの。
柄や形がなんとなく年齢に見あっていなくて(と自分では感じていて)
少し気恥ずかしい、と感じはじめていました。
とはいえ、それだけだったらまだ使い続けていたと思うのですが。

この前、本当に久しぶりにその傘を使いました。
長らく在宅介護で、特に雨の日は買い物にも出ないし
傘を使う機会がほとんど無かったわけです。

久しぶりに傘を使ってびっくり。
生地の撥水効果が落ちていて、たたんだ時の傘のずぶ濡れ感といったら
同じ電車に乗ってる人達に申し訳ないくらい…。

しかも、出先で折りたたみ傘(これも10年くらいかな)を
開いた途端、露先部分から生地がバリッと剥がれてしまったんです。

傘を、買い換える時なのかな〜、と思いました。
今後は毎日外出するのだし。

そこで、まずは先に折りたたみ傘を探しました。
ネットで色々見て、数日間あれこれ悩んだ末に、買った傘はこちらです。

とにかく頑丈で、開いた時の形がいい折りたたみ傘を探していて、たどりついたのは
Knirps(クニルプス)というドイツの折りたたみ傘ブランドのものでした。

柄は、無地にするかどうか悩みましたが、洋服が無地が多い事も考えて、グレーチェックにしました。これくらいの柄なら、日傘がわりにしても重くないかなと思って。

太ましい腕が一緒に写っていてすみません( ノД`)

この傘は、折りたたみ傘にしては開いた時の形がとても良いんです!

というのも、多くの折りたたみ傘は6本骨が多いと思いますが
こちらは8本骨なんです。
骨が多い分、形が円に近づいて、折りたたみ傘特有のいびつさが
軽減されているのです。

そしてもちろん、骨が多い分、風に強い。
まだ強風の日に試してはいないのですが、見ただけでその頑丈さは
わかります。

それから、もう一つ特筆すべきは「自動開閉」という事。
これが思った以上に便利で…!

ベルトを外して、ボタンを押したらシュバッと開き
閉じる時にはまたボタンを押せばバシュッと閉じます。
(閉じる時はシャフトの伸縮は手動ですが軽い力で押し込めます)

開閉の手間がない分、濡れる時間がかなり短縮できるのです。
スマート!
ついつい、ドヤ顔でバシュッと閉じてサッと移動してみたりしちゃいます。
ただし、自動開閉時の音がそれなりにあるので、
周囲をびっくりさせないように配慮は必要かな。

畳んだ状態でも、少し大きさはあります。
(長さ28センチ。普通の折りたたみ傘は平均20センチ前後)
重さも、普通の6本骨よりは多少重い。
でも、開いて持っている時は気にならない程度の重さです。
ベルトが太いのがなにげに可愛いです。

私が買ったストアでは、レビューを投稿するとドライバッグのおまけが
ついてきました。
あ、標準のカバーはもちろんついています。
それとは別にドライバッグがあると、濡れた傘をそのまま入れられて、かばんの中に収納できちゃうので助かります!

これを買って使ってみて、長傘は要らないかな、と思いました。
めぼしをつけていた長傘があったのですが、とりあえず今は
この傘だけで充分な気がしています。

長傘にひけをとらない頑丈さ。
買って良かったです♪

ちなみに、めぼしをつけていた長傘はこちら。

職人の傘、素敵…
こちらは12本骨で、少し和の雰囲気もあり
色合いも和洋どちらにも合って大人っぽい。
細部まで上質な傘という感じです。
いずれ折りたたみではなく長傘が必要と感じた時には
再度購入検討したいと思います(*´ω`*)



ランキングに参加してみました。
応援ポチして下さると更新の励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする