「恍惚の人」を読み終えて

大学生くらいの頃に一度読んでいるんですが、ラストの方以外は
詳しい内容をほぼ忘れていて、おかげで新鮮に読めました。

認知症介護が一番大変で地獄のまっ只中にいた頃だったら
この本は苦しくて読めなかったと思うのですが、ピークを越えた今は
半分当事者、半分冷静に読む事ができ、大学生の頃とはまた全然違う
深い読み方が出来た気がします。

古い時代の本なので、今の介護制度とはだいぶ違うし
医師の見解や周囲の対応なんかもずいぶんだなと思う部分は多いものの
とてもリアルです。

でも、今回は感想を書きたいわけではないのです。

「いかりや長介版のドラマってなかったっけ???」

という点について書きたいのです。

「恍惚の人」のwikiによれば
映画版の茂造は森繁久彌、ドラマ版では大滝秀治、小林亜星、三國連太郎(敬称略)
だけしか記載されておらず、いかりや長介さんのwikiには
1988年に舞台版に出演という記載しかないのですが…

私の記憶の中に、いかりや長介さんが「恍惚の人」のラストあたりの
衝撃シーンを演じている映像があるんですよね。
舞台を観たはずはないので、おかしいなーと思っていて…。

それで、先日姉にその話をしたら
「私もいかりや長介が●●している映像を覚えてるよ。
確かにドラマで観た覚えがあるよ」
と言うのです。(ちなみに姉は小説は未読です)

でも、くまなく探してみたわけではないんですが、ちょっと調べた限りは
いかりや長介さんのドラマ版は見当たらないのです。

うーん…実際はどうなの?
私達姉妹は、揃って幻のドラマを観ていたのでしょうか…。
やはり2人揃って何か勘違いをしているのかもしれない。
謎です。



ランキングに参加してみました。
応援ポチして下さると更新の励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ 
スポンサーリンク

フォローする