WordPressカスタマイズ備忘録

WordPressのカスタマイズ、苦労しました。

いえ、カスタマイズ自体は楽しかったです。
よくわからないなりに他のサイトなど参考にしながら、このテーマを借りて、このプラグインを入れて…とか、ちまちまと弄っていくのは楽しい時間でした。
介護の合間の癒やしですらありました。
ただ、調べながらなので時間がかかって大変でした(笑)

まずはそんな自分の為にカスタマイズ備忘録を記しておこうと思います。



↑レンタルサーバーはこちらを使っています♪
WordPressのインストールが簡単!



↑独自ドメインはこちらで♪

テーマはSimplicityをお借りしました

色々見回っていて素敵なデザインだなと思ったサイトさんが使ってらしたのが Simplicity というテーマでした。
こちらのサイトからダウンロードできます。今はSimplicity2になっていますね。
ブログをやるなら記事一覧がサムネイル付きのリスト型でシンプルなデザインがいいと思っていたので、こちらは理想に近いものでした。
カスタマイズがわかりやすかったのも初心者には助かりました♪

まずは親テーマをインストール。
次に子テーマをインストールして有効化。
外観を設定していき、プラグインをインストール&有効化していきました。

プラグインのインストール&設定

私が使ったプラグインは

  • jQuery Archive List Widget
  • jQuery Categories List Widget
  • Category Order and Taxonomy Terms Order
  • AddQuicktag
  • Bottom of every post

の5つです。今後また増えるかもしれません。

jQuery Archive List Widget

jQuery Archive List Widgetは、サイドバーのアーカイブリストをすっきりさせる為のプラグインです。
月ごとに表示されているアーカイブリストを、折りたたんで年ごとにまとめてくれます。
長くブログを続けていくにつれ有り難さがわかってくるプラグインだと思います。
私も長く続けられるといいなあ。

インストール&有効化して、ウィジェットページにてサイドバーウィジェットにドラッグ&ドロップ。
私の設定はこちら↓

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-17-30-03

ちなみに、一番下のExclude categoriesですが、特定のカテゴリーをカウントしたくない(非表示にしたい)場合にチェックを入れるそうです。
私は非表示カテゴリーは今のところないのでノーチェックです。

jQuery Categories List Widget

jQuery Categories List Widgetはサイドバーのカテゴリーをすっきりと折りたたんでくれるプラグインです。
子カテゴリーが増えてくると、ずらずら並んで見たいカテゴリーを探しにくくなってくるので、親カテゴリーの中にたたんでくれます。
こちらもインストール&有効化して、ウィジェットページにてサイドバーウィジェットにドラッグ&ドロップ。
私の設定はこちら↓

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-17-44-08

Expandでは子カテゴリを最初から折りたたんでおくかどうかが選べます。
私はまだ子カテゴリも少ないし表示したいのでAllを選んでいます。
Categories to excludeは、非表示にしたいカテゴリーを選べます。

Category Order and Taxonomy Terms Order

Category Order and Taxonomy Terms Orderは、サイドバーのカテゴリーの順番を並べ替えて表示できるプラグインです。
標準では、並び方は選べず名前の昇順になっていると思います。
それを、ドラッグ&ドロップで簡単に好きな順番に並べ替える事ができるようになります。

こちらは、インストール&有効化すると、「投稿」メニューの中に「Taxonomy Order」というメニューが出来ます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-18-14-03

移動すると、ずらっとカテゴリーが並んでいるので、ドラッグ&ドロップで並べ替えて保存すればOKです。

AddQuicktag

AddQuicktagは、記事投稿画面のタグボタンに自分が欲しいタグを追加できるプラグインです。
使用方法はこちらの記事を参考にさせていただきました。ありがとうございます。
私は見出しのh2とh3のタグボタンを追加しました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-18-33-53
これで見出しを付けるのがラクチンです。

Bottom of every post

Bottom of every postは、記事の最後に毎回固定で同じ文章や画像などを挿入したい時にお役立ちなプラグインです。
私はまだブログ初心者なので、記事の最後にランキングのバナーを貼ったり等という使い方は出来ていませんが、いずれはそういう事もしたいので、入れておきます。

インストール&有効化したら、「プラグイン」メニュー内の「プラグイン編集」へ進みます。
画面右上の「編集するプラグインを選択」プルダウンメニューから、Bottom of every postを選択し、「選択」ボタンを押します。
プルダウンメニューの下にプラグインファイルが並んでいます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-19-43-25

この中からbottom-of-every-post/bottom_of_every_post.txtをクリックします。
左側に編集画面が出ているので、こちらに、記事の下に毎回挿入したい文章なり画像なりをHTMLタグで書き込みます。
私は、とりあえず「ここから先は固定文」の目印として水平線タグだけ入れておきました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-19-32-47

HTMLタグを書き終えたら、「ファイルを更新」ボタンを押せばOK。

スタイルシートで外観を更に自分好みにカスタマイズ

最後に、ブログの外観を更に自分好みにカスタマイズする為に、テーマのスタイルシートを弄ります。
「外観」メニュー内の「テーマの編集」へ進みます。
あ、その前に!
一応、どのCSSファイルを弄るのかを指定する為に設定をしておきます。
「外観」→「カスタマイズ」→「スキン」と進みます。
私は「子テーマスキンテンプレート(独自カスタマイズ用)」を選択しました。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-19-55-57

親テーマは弄らない方がいいですが(親テーマを更新したらCSSファイルもリセットされちゃうらしいので)、親テーマ以外なら他のスキンを選んでカスタマイズしても良いと思います。

さて、「外観」メニュー内の「テーマの編集」へ進みます。
Simplicity2 childのスタイルシートが表示されていると思います。
もしされていなかったら、右上のプルダウンメニューから選択。
このCSSファイルに必要なCSSを書き加えていきます。
全部書き終えたら「ファイルを更新」ボタンを押せばOK。

CSSについても私は詳しくないので、「こういう風にするにはどうすればいいのかな〜」とググってググって色んなサイトを参考にしまくりました。
たくさんの指南サイト様、ありがとうございました(*´ω`*)

まとめ

以上で、現時点でのカスタマイズ終了です。

はー、この記事書くの疲れた!(笑)
まとまった時間がとれないので、合間合間に少しずつ書いては下書き保存し、丸1日かかってしまいました。
とりあえず、自分用の備忘録があれば何となくホッとします。



ランキングに参加してみました。
応援ポチして下さると更新の励みになります♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 身の丈暮らしへ 
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする